Re:style > 建築実例 > > 玄人志向!本物を求める人のための輸入注文住宅

玄人志向!本物を求める人のための輸入注文住宅

有限会社国際規格住宅研究所

キッチンから照明まで、全て米国からインポート!

「お客様がなかなか帰ってくれないほど、評判が良いんですよ」と苦笑しながら、大満足のお施主様。
「私たち自身、週末には出かけるより家にいる事がずっと多くなりました。本当に快適なんです」

--------------------------------------------------
◆事例DATA
--------------------------------------------------
○お施主様:ご主人50代前半・奥様50代前半
○ご家族 :ご夫婦+お子様2人
○坪単価 :73万円
○上物施工代:5100万円

--------------------------------------------------
◆こだわりポイント
--------------------------------------------------
建てたときだけ「カワイイ」「おしゃれ」で、10年・20年…と時を経るごとに時代遅れのデザインになってしまうようでは、注文住宅の本当の意味がありません。
注文住宅で輸入住宅を建てるなら、伝統意匠をしっかりと踏まえ、機能美の粋として理想実現したいもの。
もちろん、こちらの輸入住宅では伝統的なスタイルを採用。飽きの来ない、重厚感のある落ち着いた外観を求められたそう。
落ち着いた風合いのブリック(レンガ)は、濃色にこだわった末の特注品とのこと。ポーチの柱もしっかりと、風格あるたたずまいです。
内装では、なんと4000色以上から吟味して選んだ絶妙なドライウォールのカラーリングで、すべてのインテリアが空間にしっかりと映え、息づくようなリアリティ。
まるで海外に来たと錯覚するほどの完成度です。
調度・照明・インテリアの数々は米国からのインポートで揃え、門扉や外構の植栽もオーダーメイド。
お施主様も「家づくり3度目で、ようやっと本当に満足のいく家が建てられた」と大満足なのだとか…。
 
もちろん、ここまでこだわり切れたのは、輸入住宅に特化している国際規格住宅研究所(ユニバーシス)様ならでは。
ご予算により「輸入住宅風」も実現でき、今回のような超コダワリ志向のお施主様にも、太鼓判を押されている住宅会社様です。

この工務店の建築実例

facebook
twitter
Google+
はてなブックマークに追加
アメブロで紹介
rss
LINEでシェア
Re:style > 建築実例 > > 玄人志向!本物を求める人のための輸入注文住宅
PAGE TOP